職人日誌

みやこ町犀川 N様邸増築工事

立上り型枠組

立上り部は鋼製型枠を組んでいきます。組む際にメタルフォーム油(鋼製型枠用剥離剤)を塗布しておくことで、消泡力が高く気泡が少ない滑らかな仕上がりとなります。また、剥離力により型枠に生コンのノロが残り難いため、ケレン手間を大幅に短縮することができます。

型枠組が完了したら鋼管を使用して通りを出していきます。

セパレーターを止めて基礎幅の間隔を均等に保たてます。

基礎の天端は天端仕上材のレベラーを流すために前もってレベルポインターを取り付けておきます。

生コン打設

立上り部の生コン打設中です。

ホッパーで打設していくのでレベルポインターに当たらないように気を付けながら打設していきます。バイブレーターはしっかりと生コンが重鎮するように底まで突いておきます。

型枠バラシ・完成

バラシと同時に枠についたノロを取り除いていきます。

天端直しの手間もなく綺麗な基礎の出来上がりです。

次回より土台敷き・建て方を行っていきます。

 

行橋市・みやこ町で新築・リフォームは中原工務店