2018年10月04日

みやこ町犀川 N様邸外構工事

現況

鯉を飼っていた家主様の自慢の池です。歳をとり清掃などが困難になったため池を干して庭にする計画です。

フェンスは斫り機を用いて縁石を傷付けないように解体していきます。池の貯水は排水口が詰まっており水中ポンプを使用して排水を行いますw

重機を使用して手前から再生クラッシャランを埋めていきます。深さが2m超えのため大型トラックで14台分の再生クラッシャランを使用し広げていきます。

ある程度均等に敷き均したらオートレベル機器を使用して整地していきます。その後、プレート・ローラーを使用して転圧作業を行います。転圧後、再度オートレベル機器を使用して高低差があるところの微調整を行って完了です。

生コン打設

N様邸のお宅は道幅が狭いうえに入り組んでおり、生コン車での搬入が困難なため2tトラック車でのダンプ取りで生コンを現場に搬送していきます。

生コンは一輪車で運び打設していきます。鉄筋を目印に水勾配のレベル通りに敷き広げていきます。

均一に打設して一度生コン硬化前に押さえていきます。この作業を行うことにより硬化後のひび割れの削減に繋がります。ここからは左官職人の熟練された腕により綺麗な仕上がりとなっていきます。

井戸を埋めて雨水の通り道に!水が溜まらないように勾配をつけて仕上げていきます。

金ゴテ仕上げで完成です。雨水もしっかりと流れて家主さんの手入れや清掃手間もなくなり大喜びです。

 

行橋市・みやこ町で新築・リフォームは中原工務店