音響熟成木材

音響熟成木材

音響熟成木材

100%飫肥杉。

『音響熟成木材』の原木となる宮崎県日南市、飫肥杉の山々。山脈一面を杉が覆う圧巻の景色。

木造住宅で重要な木材の質を決める乾燥方法を追求した「音響熟成木材」

木造住宅で重要な木材の質を決める乾燥方法を追求した「音響熟成木材」

木造住宅で一番大事なのは「乾燥」だと言われています。その方法を大きく分けると、「自然乾燥」「機械乾燥」の2種類。

木材にとって良い方法は「自然乾燥」ですが、多大な時間がかかり、乾燥途中で割れたり変形したりしロスが多いため、非常にコスト高になってしまいます。

また、「機械乾燥」では熱風やスチーム等による高熱を利用して乾燥させるため、木材の最も大切な油分やエキスが、水分と共に蒸発、同時に木の細胞が破壊されて、木本来の機能が失われているというデメリットがありました。そこで考え創り出したのが音響熟成木材です。

一本一本を丁寧に熟成し体感温度が人肌に近い、生きている木材に仕上げる

一本一本を丁寧に熟成し体感温度が人肌に近い、生きている木材に仕上げる

『音響熟成木材』は、鹿児島県の森の中の工場の「音響熟成庫」で、クラシック音楽を聴かせながらじっくり熟成乾燥しています。

木は「いきもの」。
音響熟成は、その日の天候や気温に合わせ、木の様子を確かめながら、手間をおしまず、微妙な調整をしながら熟成していきます。音響熟成木材の一本一本には全て番号が付けられており、厳しい品質管理でその質をより高めています。

防菌・防カビ・結露防止に加え、人間の免疫力をアップ

杉には、ウィルスや細菌毒素などから生体を守る成分「免疫グロブリンA」の増加を促し、人間の免疫力を高める効果があるとされています。杉の中でも樹脂分が多く、虫にも強い飫肥杉を「音響熟成」することにより、飫肥杉本来の特性がそのまま生かされ、余計なワックスや塗料を塗る必要性がありません。『音響熟成木材』として生まれ変わった飫肥杉は、本来の素晴らしい特性をそのままに、私たちの健康に大きく貢献してくれるのです。

木材強度が高く、床材から構造材まで幅広い利用が可能

木材強度が高く、床材から構造材まで幅広い利用が可能

『音響熟成木材』は、表面に凸凹を出す「うづくり加工」を施した床材(天井・壁材)のほか、構造材、親父柱(丸太・大黒柱)など、家づくりに幅広く使用できます。

また、ひとつひとつ手づくりで作る『音響熟成木材』の家具や建具もお届けしています。『音響熟成木材』は、圧縮、引っ張り、曲げなどの強度性能についても、第三者機関による調査の結果、高い評価を得ています。

音響熟成木材の5つのメリット

  1. 常温で音響熟成するので、木材の細胞が破壊されず生き生きしています。
  2. 保水性が高い。雨時に保水し、乾燥時に水分の発散を行い風邪やインフルエンザの予防効果も期待。
  3. 調湿性能が良くなり、結露防止防カビ対策に役立ちます。
  4. 保湿性に優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめます。
  5. 油分が多く含まれるため、見た見も美しく、防菌作用に優れています。
音響熟成木材の家具・建具
モデルハウス紹介