2019年01月06日

みやこ町 S様邸新築工事

構造用ハイベストウッド

構造用ハイベストウッドで強度を高め、地震に強い住まいを!

・土台、柱、横架材を、構造用ハイベストウッドで一体化し、構造用合板などを利用して剛床とすることで、全体を一つの箱にし、壁面全体で外力を受け止め、優れた耐震・耐風性能が得られます。

・構造用ハイベストウッドを張り付けた耐力壁は水平力に対して面材のせん断力で抵抗するので、壁面全体で地震力・風圧力を受け止め、バランスよく分散し、軸組の接合部への力の集中を緩和します。

釘打ち機を使用して部材の面になるようにしっかり留めていきます。

外周部は100mm、中心部は200mmで等間隔に留め付けます。

屋根工事

ルーフィングの上から遮熱シート(エコルーフ)を施工しています。

遮熱性に優れ、野地板が素早く乾き、寿命を延ばします。

室内からの空気や少量の漏水により野地板が水分を含んでも、遮熱エコルーフの優れた通気性により、湿気を屋外に放出し、野地板の腐食・変形・カビなどを防ぎます。

エコルーフ施工後は垂木の位置づけを行い桟木を施工していきます。

瓦仕上げは平板陶器瓦(グリーン)を採用!

施工しやすいように等間隔に配っていき瓦葺き開始です。

 

材料費が安いことから近年ではコロニアル屋根が増えていますが、やはり寿命が短いため中原工務店では陶器瓦をおススメしています!

現在、新築・リフォームをお考えの方、多々いらっしゃると思いますが、その時の金額だけでなく長い目でみて考えることも大事ですよ!

 

行橋市・みやこ町で新築・リフォームは中原工務店